寄付金控除

寄付金控除



ふるさと納税は、寄附金控除を利用した制度になります。

地方自治体に寄附をすることで、
所得税と住民税が少なくなる制度になります。




確定申告書の寄附金控除の欄に、自己負担分2000円を引いた118000円の金額があります。




住民税決定通知書の画像です。

画像の寄付金税額控除の金額合計 93,605円

2016年の12月に
ふるさと納税した金額は4ヶ所 120,000円でした。

差額は、2000円を引いた118,000円になります。

確定申告での所得税の還付 23,600円
復興特別所得税 23,600円 ×2.1%  495円

93,605円 + 23,600円 + 495円 = 118,000円

2000円引いた分が戻っていました。

確定申告時に、還付された金額は
ふるさと納税した金額の2割程度。

これは、所得税の税率により変わってきます。
10%の税率であれば、1割前後になります。

残りの部分は、住民税から減額されますが、
12ヶ月の均等割で支払う金額が少くなります。


還付されるイメージでは無く、毎月の支払金額が減額されます。




寄附金控除
寄附金控除 住民税
寄附金控除とは
寄附金控除 計算
寄附金控除 限度額
寄附金控除 ふるさと納税
寄附金控除 法人税
寄附金控除証明書
寄附金控除 年末調整
寄附金控除 確認
寄付金控除
寄付金控除 住民税
寄付金控除 税額控除
寄附金控除シミュレーション
寄付金控除 ふるさと納税
寄附金控除額の計算シミュレーション
寄付金控除 計算
寄付金控除 確定申告
寄付金控除 所得税



高額医療費控除 歯医者
高額医療費控除 歯医者 国税庁ホームページ  医療費控除の対象となる歯の治療費の具体例 歯の治療代は、 保険のきかない、自由診療によるものが増えています。 高価な材料を使うため、治療代がかなり高額になることがあります。 一般的に支出され
高額医療費控除 出産
高額医療費控除 出産 高額療養費とは、 健康保険が適用される治療費(医療費総額)のうち 患者さんが支払う分のうち、 自己負担限度額を超えた場合に支給される医療費です。 健康保険の考え方では、 「お産は病気ではない」とされているので、 普通
高額医療費控除 期限
高額医療費控除 期限 前年分の医療費控除の 確定申告は2月16日から3月15日の間です。 医療費控除などで還付される場合は、 1月上旬から税務署で申告を受け付けてくれます。 税務署が、まだ空いている時期なので、 親切に教えてもらうことが出来
高額医療費控除とは
高額医療費控除とは 医療費を支払ったとき(医療費控除) 自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合には、一定の金額の所得控除を受けることができます。これを医療費控除といいます 医療費控除の対象となる金額は、
高額医療費控除 限度額
高額医療費控除 限度額 ?区分ア(標準報酬月額83万円以上の方) 252,600円+(総医療費-842,000円)×1% ?区分イ(標準報酬月額53万~79万円の方) 167,400円+(総医療費-558,000円)×1% ?区
高額医療費控除 手続き
高額医療費控除 手続き 高額な医療費を支払ったときは、 高額療養費で払い戻しが受けられます。 高額療養費とは、 同一月(1日から月末まで)にかかった医療費の自己負担額が 高額になった時に、自己負担限度額を超えた分を あとから、払い戻していた
高額医療費控除
高額医療費控除 「高額療養費」>>>>>健康保険制度 健康保険制度には、加入者が一定の金額を超える医療費を支払った場合、 (申請すること)その超えた部分を払い戻しする 「高額療養費」という制度があります。 「医療費控除」>>>>>所得税法
高額医療費控除 子供
高額医療費控除 子供 子どもの医療費 乳幼児医療費助成制度を利用して支払われています。 市区町村で行われている 「乳幼児医療の補助制度」は、健康保険優先の制度です。 健康保険上で給付されるものが優先され、 それでも、患者負担がある場合に