高額医療費控除 出産

高額医療費控除 出産

高額療養費とは、
健康保険が適用される治療費(医療費総額)のうち
患者さんが支払う分のうち、
自己負担限度額を超えた場合に支給される医療費です。

健康保険の考え方では、
「お産は病気ではない」とされているので、
普通分娩は保険適用外です

高額な費用がかかるので、
各自治体の「出産・育児一時金」。
1児あたりの出産につき、35万円が支払われます。

同じ出産でも帝王切開の場合は高額医療費制度を利用することができます。
なぜなら、帝王切開は健康保険適用の手術

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。