高額医療費時効・高額療養費時効

高額医療の時効

★保険料の徴収や還付には高額医療に限らず、時効があります。
2年が失効までの期限になります。

高額療養費の支給を受ける権利の消滅時効は、
診療を受けた月の翌月の初日から2年です。

この2年間の消滅時効にかかっていない高額療養費であれば、
過去にさかのぼって支給申請することができます。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。